前へ
次へ

食べた方を工夫してごはんを痩せる美容の味方に

毎年新米が出回る時期になると、甘い炊き立てごはんの心を誘う香りに誘導されて、白米はカロリーが気になると頭では考えつつ、お腹いっぱい食べてしまうことがります。
ダイエットをする時に美容の大敵という考えは、ごはんに対してあまりふさわしくはありません。
日本人の主食はごはんですし、種類や食べ方さえ間違えなければ、体重が一気に増えたりダイエットを邪魔することはないです。
美容の味方になるように、ごはんを食べるにあたり工夫をすることができます。
白米は確かに食べ過ぎると太りますが、糖質たっぷりなので過度に食べれば血糖値を域にあげて大量のインスリンが分泌され、脂肪として糖質がストックされること原因です。
血糖値の比較的急上昇しにくい、栄養素もそぎ落としていない、玄米に置き換えることで悩みは解決をします。
ダイエット中でも玄米を適量食べることで、主食を抜く辛いやり方にはなりません。
ほかにもごはんに、カロリーの低い白いブナシメジを入れて食べることも良い方法です。

Page Top