前へ
次へ

美容の考え方を改めてみる

ニキビ(吹き出物)ができているなら、乳液やクリームはいらないけれど、美容法として間違っているのが『考え方』です。
基本、乳液やクリームがいらない肌質なんてありません。
オイリー肌であっても、『少量』を使ってみましょう。
美容のステップでは、洗顔・化粧水・乳液という流れでスキンケアをしますし、水分・潤い成分・油分のバランスが基本になります。
混合肌の女性の多くが、乾燥肌用とオイリー肌用の化粧品選びで悩んでいるといいます。
ちなみに、顔全体がテカテカしたオイリー肌は少数で、混合肌へと移行しています。
悩みには、乾燥するのにニキビ(吹き出物)ができることもあげられています。
Tゾーンには少量、Uゾーンにはたっぷり乳液やクリームを使いましょう。
バランスが整うだけで、べたつき、てかり、不快な症状を解決できます。
乾燥するゾーンにはたっぷり、皮脂分泌が盛んなゾーンには少量という使う量を考えてみましょう。
先にあげたように、すでに赤くなってブヨブヨに腫れたニキビの状態のときには、触れるのも控えめにしたいので、化粧品に含まれる油分は大敵ですから、化粧水だけで様子をみましょう。

Page Top